船橋市 下総中山の小児科 こんどうこどもクリニックよりアレルギーについて

top

アレルギーについて

アレルギーについて

大学病院、国公立病院のアレルギー専門外来で培ってきた知識と経験を生かしてできるだけ健康なこどもたちと同じ生活が送れるよう考えています。

気管支喘息

日本小児アレルギー学会のガイドラインに沿って発作型・重症度を判定し、それぞれのお子さまに合った治療法を考えます。
最近はステロイド吸入を含め、治療の早期介入(定期的予防的治療の開始)が奨められていますが、この点なども納得できるまでご説明いたします。

比較的重症の発作でも吸入や点滴を行い、必要であれば「吸入器」の貸し出しを行い出来るだけ入院せずに済むようにしています。

アトピー性皮膚炎

原則として日本皮膚科学会のガイドラインに沿った治療を行っています。
アトピー性皮膚炎は残念ながら今のところ根治させる治療法はありません。乳児の場合は2~3歳で完治する場合もありますが、長期にわたって続くことも多く、出来るだけ症状をコントロールして日常生活に支障が出ないようにすることを目標にしています。

エビデンスに乏しい、科学的根拠のない、統計学的に治療効果が確認できない治療法は行っていません。
スキンケアと日常生活の注意をしっかり行い、必要最低限のステロイド軟膏でコントロールすることを目標にしています。

基本となるスキンケアを徹底するだけで驚くほど皮膚の状態が良くなる場合もあります。
アトピー性皮膚炎というと食物アレルギーを心配されるお母様がおられますが食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の原因であることはそれほど多くはありません。むやみに食物除去を行うことも薦めていません。

食物アレルギー

特定の食品を食べて短時間に症状が出る「即時型」アレルギー反応がある場合は、その食品の除去が必要になります。
その場合は血液検査で特異的IgE抗体があるかどうかの確認を行い、除去を決定します。アレルギーの関係しない「食物不耐症」もありますので、その鑑別もしています。

アトピー性皮膚炎では食物との因果関係がはっきりしない場合も多く、食物日誌や除去試験、負荷試験を行った上で除去の必要性を判断します。
必要のないものまで除去を指示されていることも多く、この場合、本人はもとより家族の負担やストレスはたいへん大きなものになります。また、除去食療法を始めた場合、いつ除去を解除するかが重要ですが、この点がきちんとフォローされていないことが多く、問題となっています。

当院では大学病院等で行ってきた「二重盲検法による経口負荷試験」の経験を活かして、鶏卵と牛乳について経口負荷試験を行い積極的に食物除去の早期解除を目指しています。その他の食品についても経口負荷試験を行います。

花粉症の免疫療法(減感作療法)

ここ数年、小学生以下のこどもにも「スギ花粉症」が増えています。
抗アレルギー剤やステロイド剤では、症状は楽になるものの、治癒や長期の寛解は期待できません。

現在、スギ花粉症治療で唯一治癒を期待できるのが、免疫(減感作)療法です。
減感作療法はスギ花粉エキス(標準化アレルゲン治療エキス)の希釈液を繰り返し注射することにより、症状の発現を抑えていく治療法です。 治療は、週1~2回の皮下注射を維持量に達するまで(約3~6ヶ月)増量しながら行い、その後は次第に間隔を延ばし、最終的には月に1回程度で継続します。

減感作療法の効果は、半数以上で花粉の時期に症状が出ず、抗アレルギー剤を使用する必要もなくなります。このような著効例は治療期間が長いほど多くなります。
ただ最初のうちは毎週注射を行う必要がありますので、5歳未満の幼児に開始することはあまりありません。
もちろん大人の方の治療も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

診療内容
  • 小児科一般
  • アレルギーについて
  • 感染症について
  • 予防接種
  • 乳幼児健診